2018年01月25日

水抜きって。。。。①

大寒を過ぎて、全国が冷え込んでいる中。。。
寒冷地地方では避けては通れない「水抜き」

最近の建物は古くても水道管に電熱ヒーターが巻かれており、
ヒーターの故障、ブレーカーを下げるということが無ければあまる水道管の凍結もしなくなってきましたが。。。

初めての北国、初めての一人暮らしの方は覚えていた方が良いかもしれませんね。

まずは、水道の仕組み。↓が単純すぎる画ですが水道の流れです。
土から蛇口までつながる配管は、壁の中だったり、外だったりします。
みずぬき1.PNG

この土から蛇口までの配管には電熱ヒーターが巻かれたり、分厚い保温材で囲まれて冷気に触れないようになっていて少々の寒さでは凍らないようになっています。

が!

電熱ヒーターが古くなって温まりが少ない、断線した、
断熱材が古くなって管がむき出しになっていた、
設備で温めきれないほど冷え込んだ←数年前にありました(/ω\)
帰省中、電気料金節約のためにブレーカーを下げて帰った、

などの理由で配管の中の水が凍ってしまうことがあります。

一部だけでも凍ってしまうと水がせき止められ出なくなってしまいます。
それだけならまだしも、管全体が凍ってしまうと。。。

恐ろしい水の膨張率で配管が裂けてしまうことが。。。
水道管、
給湯器の配管フレキ管、
サーモスタット系の蛇口、
ウォシュレット
こんな場所が膨張ですぐに破裂、破損してしまいます(;・∀・)

冬期間、絶対ブレーカーは下げないでくださいね
posted by SASAKI at 11:00| 暮らしの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。